独身貴族のブログ

旅行、食べ物、投資、日々の日常などなど、独身貴族らしく綴ります

           

#31 カンボジア不動産の引渡

6月末になりますが、やっとカンボジアの不動産が竣工したということで、引き渡しを受けて参りました。

まず、着陸直前に飛行機の窓から町を眺めると、

 

とにかく建設中の高層マンションやオフィスビルが多い!

最後に訪れたのは3年前で記憶が薄れているものの、当時より格段に多くなっていることは確かです。

 

最初に向かったのは、購入時に仲介でお世話になった担当者。転職していましたが久方ぶりに再会し、いろいろと話を聞きます(購入から現在までしばしば連絡を取り合っていました)。残念ながらネガティブな話が多く、

高層マンションの乱立が止まらない
供給過剰により家賃は過去3年間で5-10%下落した
中には竣工後の管理が甘く築浅の段階で既に見劣りする物件もある
(このあたりについては次回また触れます)


とのこと。あとは、引き渡し時の注意事項や心得を聞きました。


そして翌日、いよいよ建築会社/管理会社との引き渡しの契約だったのですが、まんま購入した部屋のリビングで行いました。このあたりが新興国ぽいですね。ちなみに完成したマンション全体の写真はこんな感じ。

f:id:dokushinkizoku1:20190815150016j:plain

とりあえず部屋全体のチェックを行い、不備がないか確認。その後、いくつかの書類にサインし拇印を押します。また、竣工が遅れた分の遅延金について、メールで連絡が来た5月末までしか払わないと言ってきたので、「日程合わせて日本から遥々来ているのだから、引き渡しの今日の分までしっかり払ってください」としっかり主張させてもらいました。

新興国不動産は基本的に家具付きで貸すのが基本なので、管理会社含めいくつかの家具屋さんを比較し(その他は購入時の担当者に紹介してもらいました)、おおよそ日本円で60万円程でオーダーしました。

ちなみに上記した担当者の現勤務先はこちら。連絡先が知りたい方は私までご連絡を😁

IPS Cambodia | Cambodia Real Estate Agent | Rentals and Sales