独身貴族のブログ

旅行、食べ物、投資、日々の日常などなど、独身貴族らしく綴ります

           

#44 23区のおすすめ銭湯 - 蛇骨湯よ永遠に -

最近行ってませんが、一時期銭湯にハマっていましたので、東京23区のおススメ銭湯をご紹介します。

マメ知識ですが、東京の銭湯はそのほとんどが組合に加盟しているため入浴料は460円(執筆時点)で統一されています。地方の銭湯の方が値段が高い場合が多いのはそのためです。また、レンタルタオルは有料、ボディソープ・シャンプー類は備え付けが基本です(稀に購入前提のところもあります)。また、サウナは少額ですが別料金となります。

f:id:dokushinkizoku1:20190830203704p:plain


 
1.萩の湯
(鶯谷駅徒歩3分)

ひだまりの泉萩の湯
僕の個人的ランキングでは、ダントツでNo.1です。こんなにキレイで大きな銭湯が460円で利用できるなんて、信じられない!2017年に出来たばかりらしく、脱衣場も洗い場も浴槽もピカピカ。しかも受付横に食堂が併設されていて、お風呂上がりの食事が楽しめます(おススメはかき氷)。一時期は3日連続で通うなんてこともありました。隣に住みたいと思ったくらい気に入っていました😁

駅からは大通りを利用すると3分ですが、GOOGLEマップは何故か奥まったラブホテル街を抜ける道を選択してきましたので、ご注意を😇

脱衣場:◎
洗い場:◎
内湯:◎ 通常の浴槽に加え、炭酸風呂、高温風呂を完備。すべて十分すぎるほどの広さ。
外湯:〇 半露天(?)の岩風呂。丁度いいお湯加減と外気でいつまでも浸かっていたくなる。
サウナ:◎ テレビは専ら大相撲中継。結びの一番見たさに皆で我慢大会の様相。
水風呂:◎ 設定温度は確か18-19度でかなり冷たく、かつ常に循環口から水が湧き出ているので体感温度は更に冷たい。サウナ限界まで→水風呂限界まで→高温風呂限界まで→外気浴で〆の爽快感・ヘロヘロ感タマらない(界隈では「ととのう」というらしいですね)。


 
2.大黒湯
(押上駅から徒歩10分)

墨田区の銭湯 大黒湯(押上温泉)|東京スカイツリーが見える下町の銭湯

ほぼ24時間営業で有名な老舗銭湯です。ここの売りは何といっても完全外湯の大露天風呂だと思います(下記注意事項あり)。また、スカイツリーを見ながら外気浴が出来るウッドデッキが併設されています。いくつか相撲部屋が近くにあり、お相撲さんもよく見かけます。最近はより有名になったのでかなり混んでいることがあるのでご注意を。

脱衣所:〇 若干狭いが、これも下町っぽさか。
洗い場:〇
内湯:〇 通常の浴槽に加え、高温の薬湯、お年寄りにやさしい歩行湯などあり。壁の富士山の絵が何とも下町っぽい。
外湯:💮 大露天風呂が素晴らしい。全部調査したわけではないけど、大きさは都内随一じゃないかな?この露天風呂だけでも行く価値があると思います。ただし、露天風呂が大きいのは男湯女湯の片方だけ。日替わりなので、行くときはホームページを確認することをお勧めします。小さいほうの露天風呂は結構狭いです。
サウナ:◎ 通常のサウナに加え、よもぎ蒸しサウナあり。無料の塩が置いてあるので、体中に塗りたくってたくさん汗をかくのです😁
水風呂:△ 外湯と同じく、日替わりで大きさが変わります。小さい方は人一人がお山座りするレベルの狭さなので、偶にサウナ勢により取り合いになります😅


 
3.蛇骨湯
(浅草駅から徒歩5-6分)
浅草にあって江戸時代から続く老舗銭湯。褐色の湯に最初は驚きましたが、どうやら天然温泉を使用しているらしいです。いつ行っても全身入れ墨のおじさんが1人はいるのが印象的でした。生き方問わずすべての方を受け入れるやさしい銭湯さんのようです😅

脱衣所:〇
洗い場:〇
内湯:〇 結構狭いです。湯の温度もかなり高かった記憶が。壁にはやはり壮大な富士山。
外湯:◎ それなりに狭いのですが、岩に囲まれておりあたかも洞窟の中でお風呂に入っている気分が味わえます。また、すぐ横に池があり沢山のコイが泳いでいるんですね。カエル(だったかな)の置物なんかも良い雰囲気に花を添えています。
サウナ:△ 狭めです。横に入れ墨のおじさんがいても驚かないように😅
水風呂:◎ 露天水風呂ですので、しっかり温まってから入ることをお勧めします。





と、ここまで書いたところでインターネットで確認作業をしようとしたら、なんと閉業しているではありませんか!!!!

【怒れるガバナンス】銭湯を残そうやないか:時事ドットコム

こんなに素晴らしい銭湯が閉業とか許されていいのか!ブログ書きながら懐かしく思って、今日にでもまた行こうかなと思っていたのに、とても残念です。。。