独身貴族のブログ

旅行、食べ物、投資、日々の日常などなど、独身貴族らしく綴ります

           

#56 香港ぶらり旅 - 香港でもお墓参り -

 

iPhone11を手に入れてタピオカを食べた翌日は、海外旅行恒例のお墓参りに行ってきました。いくつか大きな墓地はあるようですが、その中でもインパクトが強いと聞いたキリスト教徒のためのPok Fu Lam Cemeteryへ(http://hkcccu.cemeteries.org.hk/)。香港島の西端にあり、中心部からは917のバスに乗って一本で行けます。30-40分かかりますが、バスの2階の先頭に座れば景色は抜群で時間は気になりません😃

前評判の通り、めちゃくちゃすごいインパクトでした。まずは写真をどうぞ。

f:id:dokushinkizoku1:20190929215022j:plain f:id:dokushinkizoku1:20190929215003j:plain

見ての通り丘一面、墓石、墓石、墓石...。
夜に入ろうもんなら間違いなく何かに遭遇するでしょう👻
(魔が差して携帯でスリラーを聞いてしまったことは大変申し訳ないと思います😑)

ジャーナリストの友人曰く、香港には死者を敬うことに対しての伝統的観念が根強く残っており、土地が少ないこともあり時に住宅よりも地価の高い所に墓地を作ることもしばしばあるとのこと。写真は撮れなかったですが、この墓地も海に面した丘に広がっており景色が大変綺麗な場所にありました。
f:id:dokushinkizoku1:20190929220012p:plain

そういう事情もあり、とにかく(独身貴族レベルでなく)お金持ちでないとここには埋葬されないようです。文字が読めませんが、HPによるとここで葬儀をするには少なくとも費用として251,000香港ドル=350万円ほどかかるようです。その外にも寄付金とか、地域とのつながりとか、色々ありそうです。http://hkcccu.cemeteries.org.hk/page3/detail/11/

また、日本では終活なんて言葉が流行ったりもしていますが、海外の墓石だと実際にこういうのがあったりします。旦那さんは、奥さんがやって来るのを40年以上も待っているんですね...。

f:id:dokushinkizoku1:20190929221445j:plain


僕個人的には、無宗教だし、独身貴族だけあって比較的自由な考え方をしていると思うので😇、死んだあとお墓が欲しいとか、夏は親族でお墓参りをすべきとか、そういうことは全く考えません。数年前に死んだおばあちゃんも「死んだらばあちゃんの死体は近くの川にでも放り投げといてくれ」と結構本気で言ってたので、家系なんでしょうか(でもおじいちゃん側はお坊さん家庭だったんですが笑)。

実は母親も最近亡くしているのですが、お墓はありません。毎日のように会いたいなあと思ってますが、墓を建ててお参りをしたいとは全く思いません(って言いたいこと言ってるけどお母さん化けて出ないでね)。あくまで個人的な意見ですが、本当に大切だった人のことはお墓なんか建てなくても脳ミソがずっと覚えててくれると思うんですよね。

まあ、世界中がそうなってしまったら、こんなお墓参りもできなくなってしまうんですが😁

最後に、記事にはしませんが、タピオカ以外にも美味しいものを食べまくりました。超ローカル土鍋から高級点心まで。ご興味のある方はメッセージ下さい!

 **記事が気に入っていただけたら、下の☆ボタンのクリックをぜひお願いします**