独身貴族のブログ

旅行、食べ物、投資、日々の日常などなど、独身貴族らしく綴ります

           

#58 最高級スーツといえばどの会社?

 

まず、どこのブランドのスーツを作るべきか?独身貴族なので、前々から服飾ブランドについてはそれなりに知識があり、パッと浮かんだ名前が、

キートン
ブリオーニ

の2社。どちらもイタリアのブランドです。いろんなウェブサイトを見て、一緒に考えていた友人も了承してくれました。ちなみに、例えば、「スーツといえばエルメネジルド・ゼニアだ!」なんてちょっとスーツを齧った人なんかは良く言いますが、ハッキリ言って独身貴族界隈ではゼニアやアルマーニやバーバリーのスーツを着ている人なんて、築60年の木造一軒家に湧くシロアリくらい沢山います。我々は、更にマイナーなブランドで、更に良質なスーツ作りを目指すのです😎

(あとは、具体的なブランドではないですが、イギリスに「サヴィル・ロウ」という高級テーラーが集中しているエリアがあるみたいですが、格式は高いが無名のブランドが多いみたいで、今回はやめにしました。もっとスーツに詳しくなれたら行こうと思います😄)

ではどちらのブランドにするか?

ウェブサイトで色々勉強した上でそれぞれの日本のお店で試着させてもらうと(全く買うつもりなくてごめんなさい)、キートンのスーツはフワッとしていて着心地が抜群、ブリオーニのスーツはカチッとしていて見た目が抜群、という印象は持ちました。値段はどちらも既製品で60-100万円くらいです(アルマーニやゼニアだとレンジは30-50万くらいですね)。この時点では、価格帯が同じなら、若者が着てビシッとカッコよく決まる(=モテそう😅)のはブリオーニかな、と考えていました。

ただし、我々はイタリアの現地に行ってオーダーメイドのスーツを作るわけなので、ブリオーニを優先しつつも、直接イタリアのお店に連絡し、その対応をみて最終決定しようということになりました。友人は英語が苦手(ドイツ語は得意らしい😁)なので、連絡係は私がやることになりました。

すると、

  • キートンの方が返信が早く、仮縫いや試着などのスケジューリングがしっくりくる
  • キートンはナポリにある縫製工場を見学させてくれるらしい!!

 とのこと。スーツそのものだけでなく、わざわざ現地まで行くという体験も含めて考慮している我々なので、後者の時点でチョイスはキートンに決まりました。

ちなみに、その際のメールのやりとりの一部がこちら。

f:id:dokushinkizoku1:20191006193432p:plain

次回はいよいよイタリア現地でのスーツ作り編でございます。

また、キートンとブリオーニの違いについては、以下のウェブサイト等で勉強させてもらいました。
https://otonaninareru.net/kiton-brioni/
https://golddust.jp/luxurysuit-fujitamakoto/

f:id:dokushinkizoku1:20191006194032j:plain

**記事が気に入っていただけたら、下の☆ボタンのクリックをぜひお願いします**