独身貴族のブログ

旅行、食べ物、投資、日々の日常などなど、独身貴族らしく綴ります

           

#59 本場イタリアのキートンへ - ローマ路面店 -

 

キートンはナポリ発のブランドで、旗艦縫製工場もナポリにありますが、お店はナポリにはありません。そこで、まずはローマ(旅行編はまたいつの日か)の路面店に立ち寄り、これからオーダーメイドスーツの完成までお世話になるテーラーとご対面。ちなみに、真ん中の人は知りませんが笑、この時点で両端(左が私)の2人はランバンというフランスのブランドのスーツを着ています。このブランドでも1着30万円は下りません。

f:id:dokushinkizoku1:20191006224158j:plain

最終的に3回採寸をすることになるのですが、その1回目をこのお店で行います。

3人で60~90分ほどの予定でしたが、カラダの隅々まで測りに測りまくって結局3時間くらい要し、終わる頃には閉店時間をとっくに過ぎていました。僕の場合ですが、肩は右より左が少し下がり気味だとか、足はO脚気味(上の写真からも分かりますように😭)だとか、腕は若干右が太いとか、ディテールへのこだわりはさすがだと思いました。

f:id:dokushinkizoku1:20191006224052j:plain

そして、テーラーのおじさんがこれまたカッコいいダブルのスーツを着ているんですよね。まだ若いし、ダブルはさすがに買わなくてもよいだろうと思っていたのですが、「ダブルはいいよ。うちのはボタン開けてもノーネクタイでもスニーカーでも似合うよ。工場行ったときに色々見せてあげるよ!」と営業トークに乗せられ、ダブルもありなんじゃね?と心が揺らぎ始めていました。

ちなみに、「キートンに行くから、張り切ってランバン(上記参照)のスーツをわざわざ日本から持ってきて着てきたんだよ!」というと、「ランバン...?へッ、そんなスーツで満足しているのか?うちのオーダーメイドのスーツを着たらクローゼットから他のスーツ全部捨てたくなるよ。」みたいなことをゆってハナで笑ってました😇

実際あの時の話はまんざらでもなかったな、と思うのはスーツが到着する4か月後のお話になります。

f:id:dokushinkizoku1:20191006224057j:plain

**記事が気に入っていただけたら、下の☆ボタンのクリックをぜひお願いします**