独身貴族のブログ

旅行、食べ物、投資、日々の日常などなど、独身貴族らしく綴ります

           

#60 キートンの圧巻ナポリ工場

 

テーラーのおじさんと一緒に電車でナポリへ(ローマから約1時間)。
どうやら電車は一等車、迎えも送りも送迎者付きで、VIP待遇そのものです。

中心街ではなく、田舎の方にポツンとその工場はあるのですが、中は圧巻の一言です!
見渡す限り、生地、生地、生地、、、、。それを、(ほぼ)私服の仕立て屋さんが、みんなでおしゃべりしながら、楽しそうに手作業でひとつひとつ処理しています。このあたりがいかにも同族企業っぽくて良い感じです。ちなみに、前回紹介したブリオーニは現在グッチ擁するケリンググループ(LVMHと同じ感じのコングロマリット)に属しており、このあたりもホスピタリティに差がでた理由なのかもしれません。

f:id:dokushinkizoku1:20191007220734j:plain f:id:dokushinkizoku1:20191007220738j:plain
外観と入り口はこんな感じ。

f:id:dokushinkizoku1:20191007220845j:plain f:id:dokushinkizoku1:20191007221359j:plain
流れ作業現場。みんなガチで手作業です!ちなみに、流れ作業でなく、一人の熟練職人が工程全てを担当するスーツは"bespoke"と呼ばれ、通常のオーダーメイドの2倍の値段だそうです😱

見学が一通り終わったところで2回目の採寸をします。色々と専門の人みたいな職人が出てきてここでも隅から隅まで図ります。ちなみに、写真でヘンなポーズ決めてる人がいますが、本人曰くアワビポーズだそうです😇

f:id:dokushinkizoku1:20191009205951j:plain f:id:dokushinkizoku1:20191009210013j:plain


そして、お昼になると、みんな一斉にいなくなり、長い長いランチタイムに突入します😄 仲の良い職人数人とキートン創業者一族が普段から専用レストランでランチをしているらしく、僕たちもお邪魔することに。

f:id:dokushinkizoku1:20191007222353j:plain f:id:dokushinkizoku1:20191007222521j:plain
キッチンも専用、お皿も専用、敷紙も専用。みんなで仲良くおしゃべりタイム。このあたりを見ていると、お金儲けではなく、あくまで小さな同族企業として運営していこうという強い意志が感じられました。ちなみに写真奥に小さく映っているおじいさんがキートン創業者の弟さんです。

ランチの後は、いよいよ生地選び。とにかく種類が多すぎ!!黒を持ってきて、というと5つくらい出てくるし、ダークブルーを持ってきて、というとマジで10つくらい出てきます。その瞬間は一生懸命選んでいたのですが、今になって思えばもう何が何だか覚えていません😅

f:id:dokushinkizoku1:20191007223116j:plain f:id:dokushinkizoku1:20191007223622j:plain
スーツの生地。大量の青、紺、黒、、、、。

f:id:dokushinkizoku1:20191007223714j:plain  f:id:dokushinkizoku1:20191007223815j:plain
白シャツを!というとこのありさま!!あと、 実は、靴はJohn Lobbというイギリスの靴屋さんで作ろうと思っていたのですが、もう楽しすぎて靴もここで仕立ててもらうことにしました😅

最後に、キートンの副社長(創業者の娘さん)が写真撮影に応じてくれました!同族企業ならではの、本当に楽しくそして心温まるツアーを組んでいただきました!ありがとうございました😄

f:id:dokushinkizoku1:20191009210142j:plain