独身貴族のブログ

旅行、食べ物、投資、日々の日常などなど、独身貴族らしく綴ります

           

#62 週末フラリ上海の旅

 

3連休に1日有休をくっつけて、3泊4日で上海に行ってきました。飛行機は、44,000マイルで羽田発着のANAビジネスクラス、時間も朝発夜着でパーフェクトでした。

行きのタクシーは、23区在住で羽田までならですが、らくらくタクシーというサイトで手配するのが安いです。僕の住んでいる港区は都の指定する定額料金がありませんが、このサイトを使うとうまくいけば高速代込みでも6000円未満で行くことが出来ます。https://www.rakurakutaxi.jp/

ちなみに、少なくとも短中距離線のANAでは日本食はお勧めしません。別に大して目ぼしいおかずもないし、洋食の方が軽くて無難です。

f:id:dokushinkizoku1:20191015222654j:plain f:id:dokushinkizoku1:20191015222712j:plain
行きは和食、帰りは洋食にしましたが、この和食のデザートが袋アップルパイってのがナメてます😑 洋食デザートのケーキはまぁまぁ。

で、肝心のホテルですが、今回は友人の強い勧めもあり、Pei Mansion Hotel(中国語では貝軒大公館!!)というブティック系のホテルを選びました。http://www.peimansionhotel.com/default-zh.html

1937年にできた建物で、もともとはI.M. Peiさんという著名な建築家(ルーブル美術館のどっかしらをデザインした人らしい)のマンションとして利用されていました。ちなみに彼の父親は初代中国銀行(Bank of China、政府保有ですが中央銀行ではないです)の総裁を務めています。

合計部屋数が19室とこじんまりしてアットホームな雰囲気ですが、佇まいと調度品は歴史を感じさせる荘厳さを併せ持っています😀

f:id:dokushinkizoku1:20191015222818j:plain f:id:dokushinkizoku1:20191015222845j:plain

f:id:dokushinkizoku1:20191015222907j:plain f:id:dokushinkizoku1:20191015223106j:plain

あまりホテル自体が有名でなく、サービスも中国語のみ(この点は確かに困りましたが...)、加えて直接ホームページからの予約が不可ということで、外国人宿泊客は全く見当たりませんでしたが、英語でゆうところのまさにunderrated luxurinessという表現がぴったりだと思います。(めちゃくちゃ)片言の中国語と英語で受付(兼コンシェルジュ)のお姉さんに聞いたところでは、日本人の宿泊客は2-3ヶ月に1組程度とのことです。

ただ、老舗ブティックホテルといいながら、トイレにウォシュレットが付いているのとバスタブがジャグジーになっているところが嬉しい。ただし、お湯のではめっちゃ遅い!

f:id:dokushinkizoku1:20191015223250j:plain f:id:dokushinkizoku1:20191015223306j:plain


さて、見どころもレストランもカフェも多数ある上海ですが、一つだけ挙げるとするなら、このAkimbo Cafe。どうですかこの青りんごケーキ... 写真で見るだけでも美しくないですか?まるでなにかの宝石の様。外は砂糖のコーティング、中は生クリームとリンゴ果肉で、味もばっちり。http://www.akimbocafe.com/

f:id:dokushinkizoku1:20191015223341j:plain f:id:dokushinkizoku1:20191015223349j:plain

 

あとは、上海ガニで有名な蟹王府とか(カニミソ絶品)、景色が綺麗なThe Bundとか、古い町並みが残る田子坊とか...全部王道ですね。とりあえず写真をのっけてます。

f:id:dokushinkizoku1:20191015223451j:plain f:id:dokushinkizoku1:20191015223514j:plain

f:id:dokushinkizoku1:20191015223544j:plain f:id:dokushinkizoku1:20191015223605j:plain

 

f:id:dokushinkizoku1:20191015223655j:plain
**おまけ**