独身貴族のブログ

旅行、食べ物、投資、日々の日常などなど、独身貴族らしく綴ります

           

#64 独身貴族的スーファミプレイ

 

とある読者の方から「オレは旅行も株も興味ない。もっとなんか日常的やけど独身貴族的なの書いてくれや」と言われたので、この回はその読者の方に捧げます。

今回は、好きだったテレビゲームのことを書きます。世代的にはNITENDO64ですが、親戚に年上の従兄弟が多かったため、どちらかというとスーパーファミコンをやりこみました。その中でも、めちゃくちゃ思い出に残っていたのが、このゲーム:

ファイナルファイト

f:id:dokushinkizoku1:20191020230038j:plain

内容:アポカリプス的な響きを感じさせますが、その名の通り、ヤクザ軍団に支配された暗黒の街をデッカイ市長が次々と敵をなぎ倒し、人質にされていた娘を開放するという物語です。

思い出に残った理由:
1.幼い頃、親戚の従兄弟にやらせてもらうとしたけど「これはおばあちゃんに買ってもらった高いやつだからダメ!」と断られ続けたこと。多分これは物凄く面白いゲームなんだ、とこの頃洗脳される。てか、同じおばあちゃんなのに、僕には買ってくれなかった!

2.中学生の頃、友達から借りてやりまくったこと。腕が上がってきたところで、カリパクしようと思ったけど、友達のお兄ちゃんにばれて没収される。

3.時は経ち、大学の部活の部室で発見し、やりまくったこと。めっちゃ腕が上がる。部活のメンバーにも応援してもらう。

4.シンガポール時代、あまりに子供の頃の思い出が強すぎて、Amazonで本体と一緒に買ったこと。ホテルに送ってもらい、日本出張時に取りに行く。で、暇を見つけてプレイしまくる。腕も再び上がる。

スーファミをプレイするとこのどこが独身貴族なんじゃい、っと思われる方は多いと思いますが、今回はこの1990年発売レトロゲームを、映写機で映してプロジェクタープレイ!!😤😤(たまにこれで三上悠亜さんや高橋しょう子さんも見たりします)

うち、NHKの集金が怖いのでテレビはありませんが、映写機はあります!(ビックカメラにて10万円で購入)

f:id:dokushinkizoku1:20191020230215j:plain f:id:dokushinkizoku1:20191020230240j:plain

では、2年ぶりのプレイになりますが、やっていきます。

まず、キャラ選択。お兄さんはさらわれた女性の恋人で、肩紐のおじさんはその女性のお父さんで市長(ハガー市長)。結構違いありますが、総じてクリアし易いのはお兄さん、プレイしてて面白いのは市長です。僕は迷わず市長を選択。上に書いた通り、とにかく左右に無数に表れる敵を市長のパンチでなぎ倒してゆくゲームになります。

f:id:dokushinkizoku1:20191020230533j:plain

ここで、特徴的なキャラをいくつかご紹介。

アンドレファミリー:アンドレJr.(赤色)、アンドレ(紫色)、Uアンドレ(灰色)、F.アンドレ(黄色)。見た目の通り力が強いです。ほぼ1発アウトのパイルドライバーとかも出してきます。特に後者2つが強敵です。よって、素手での対抗は難しいので写真のように日本刀でサクサク切ります。ちなみに、レベルを上げるとさらに強いG.アンドレも登場します。英語の頭文字は、それぞれUncle、Father、Grandfather😇

f:id:dokushinkizoku1:20191020230419j:plain f:id:dokushinkizoku1:20191020230629j:plain

ソドム(2面ボス):ゾウリにジーンズ、月の兜という訳の分からないいで立ちで、両手の日本刀を振りまくってきます。ハメポイントがあるのですが、初見プレイの人はまずはこのキャラで一番苦労するかも。

f:id:dokushinkizoku1:20191020230703j:plain

エディE(3面ボス):ヤクザに買収された悪徳警官。写真のようになんと拳銃をぶっ放してきます。食らうと体力60%くらい持ってかれます(死なないのが凄い)

f:id:dokushinkizoku1:20191020230740j:plain

アビゲイル(4面ボス):スペックが全部筋肉に行ってしまったようなアホズラのボス。実際に設定としてはボス中一番のアホらしいですが(突進しかできない)、めっちゃ力強いです。よほどやりこんでないと、ここで何回か死にます。てか、アビゲイルって本来女性の名前じゃないでしたっけ?

f:id:dokushinkizoku1:20191020230817j:plain

最終面のボスはボーガン撃ってきますが、実力的には大したことはなく、サクッと倒して無事娘さんを救出となります。ちゃんちゃん。

f:id:dokushinkizoku1:20191020230854j:plain f:id:dokushinkizoku1:20191020230900j:plain


なにも考える要素もなく、とにかく敵を倒し続けるという設定が僕は好きですね。RPGみたいに色々頭を悩ます必要はないですからね。なので、基本的にストレス解消に向いてそうですが、雑魚キャラとかに小パンチとか食らうとマジでむかつくので、逆にストレスが溜まる原因にもなりかねません。あと、このゲームは縦横だけでなく上下にも動けるのですが、それを採用したのはこのゲームが初めてだったとか。